Vol.8エプロン

retro-1321078_1280

このところ、エプロンやさんみたいになっている。

使う人の好みや使い方を聞いて

それぞれオリジナルでつくる。

エプロンって、多くの人が使う割に

デザインにあまりバリエーションがない。

それは使いやすい型が決まっているからだと思っていたのだけど

話を聞いてみると、どうやらそうでもないらしい。

使いやすさから型を決めていく作業は

奥が深く、新鮮で楽しい。

まだまだ知らない世界がいっぱいある。

そうして完成したエプロンは

身に着けた人が口を揃えて「着けてないみたい」と言う。

洋服なら分かるけど、エプロン。

既製品と何が違うのか、まだ分からない。

自分用を作れば分かるかもしれないけど

その、やる気はおきない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA