Vol.13 原動力

職人が好きです。
子供の時から、ずっと。

でも、全員が好きな訳ではない。

今日、地元のテレビ番組で
あるファッション小物を手作りされている方が紹介されていた。
地元の方なのだが世界中に愛用者がいて
作っているものも、きちんとつくられていた。
そんなオーラを纏っていたから。

後半モデルを使って全身コーディネートが紹介された。

これが酷かった。

小物と全然合ってない。

小物はまったく全く違う雰囲気なのに
同じブランドなんだろうなーみたいな服。
スタイリスト個人が好きなんだろうなと思う。
そんな気がするデザインだった。

その後、司会者たちも
その小物を身に着けていたのだが
これまた、似合っておらず。

クラシックな小物に
どカジュアルな普段着が完全に浮いていた。。。

こーゆーとき、私はとても怒っている。
今思い出しても震えるくらい。

それがつくるエネルギーになっている。

「怒り」は大事なものだ。

大切にしているような顔をして
軽く見られているのかもしれない。

それぞれ事情があるのは分かるのだが、

でも、やっぱり、嫌だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA