April 21, 2017 Categories:

自分大好き、なひとが大好きな理由

当時、あまり尊敬できない上司から
「結局あなたは、自分が好きだよね」といわれたとき、
言われ方にはショックをうけたけれど、
「それは正しい」と思った。

幼少期、外へ出て誰かに会う度に
「あなたはわがままだ」としかられた。
で、「わがままってなんだ?」と夜に考えた。

最近になって、
「自分の感性を信じよう!」みたいなこと、
よく目にするようになったが。

それは、あたりまえではないのか?

信じられる自分をつくるために、
勉強して、経験して、失敗して、やり直して。
子どもならまだしも、
人生経験のある大人なのに、
「自分を信じられない」って、どういうこと?

フリーになってわかったことは、
『自分を信じている人は、結果がどうなっても“責任”を持つ』
ということ。そしてこれは、キャリアのあるなしとは関係がない。

自分で下した判断の先に、起こったことは自分の責任。
それを基に次を考えるから、成長があるし進化する。
考えの進化、価値の広がりは人生の宝もの。
歳をとって老化しても、それがあれば後悔しない、よね?

でも中には、成功した感(または権力や肩書)を見せる方々に、
「結果に責任を取らない」方がいる。
責任回避、の方法を学ぶために歳をとったような。

そんな歳のとり方はつまらないし、
カッコ悪い。

自分も周囲も、
『自分の未来には自分で責任を持つ』覚悟のある
発展性のある会話を紡ぎたい。

世の中の全てに責任は持てないけれど、
せめて自分の過去と現在と未来には、責任を持って。
そんな大好きなひとの集団が、
集団単位で、未来を作ると思う。

Written by  Ikuko Suzuki