January 23, 2018

勝手にしやがれを追いかけて

なぜ、こんなにも映画が好きなんだろう?

たまに、そう思う。
それは、いまやるべきことへの休憩だったり、
ひと仕事終えたあとの、時間だったり。

けれど、
その愛する映画は、
休憩なんかではなく、
『本当の』人生なのだ。

どうか、
生きている間に
この好きなことと、
やるべきことを一致できないのだろうか。

それは、『甘い』のか?

いま、映画“勝手にしやがれ”を
何度も何度も読み解いていて。

それは、ある青春の稲妻。
のごとき、魅了されて

結局は、
己の人生そのものが
そうなっている

気がする、のは
本当に幸せなんだ、とおもったり。 

つづく

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935