February 27, 2018

いつだっていろいろ、ある

とにかく、羽生選手の二大会連覇へ向けての
物語には、感動しました。

「すべての出来事を認めてさらに、
貴方の本当に近づこう」
という、ひとも・出来事も・時間も・お金も
『自分』というものさしを軸として組み立てなおす
ことに、集中していた私は、

「金メダル」だけに集中した結果に、
方針変更したくなる大事件、でした。

 毎日の制作中、頭には
「継続は力なり」と「諦めが肝心」が交互にでてきたり、
「ひとつをずっと」なのか「すべてを丁寧に」なのか迷ったり。

たまに寄った100円均一ショップで流れていた
“目標なんてなくていい”という歌詞に
思わずこころ奪われたり。

ジュリーの女優コラムの時にも書いたことなのですが、
生活をしているといろいろな階層の解決事があって、
それをひとりの自分が主人公だと、
全く違う脳で対応しないとできない!と

思いたいときがある。

けれど、大きな視点で見ると
それらすべては繋がっていて、

人生とはその「大きな流れ」なのだから、
目の前の『だけ』に集中しないで、
けれど『自分の脳』で判断しよう、
と思うわけです。

今回の大事件での感動は、
思わず「結果」に集中したくなる出来事でしたが、

やっぱり私は、
『ぜんぶを認めて本当になる』
を人生レベルで完成したいのだ
と思ったのでした。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935