September 25, 2018

存在は選択のアツマリ

 モノをひとつ完成すると毎回思う。

完成までのひとつひとつの小さい作業の
仕様の選択や、
素材や色や、
バランスや。

経験してきた技術も時間の選択の集合
だし。

「できた、コレ」という
そのものは、
作り手それまでの、選択のアツマリ。

そこに
自分を投影できなければいけない、
と、
私は服を作るたびに思う。

どんな瞬間も、
選んでイキタイ。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935