November 1, 2019

裸よりも自由にしてくれる自分ユニフォーム・服

“自由”
価値が日々変わりそうなこの頃、ですが

欲求のなかでも“自由”が一番なのは、
いつどう考えても、
変わらない。

 自由、という言葉にも
まどわされては、いけない。

何を“自由”と感じるのか、
というところから自由、
でなければ、いけない。

 おっと、
「○○でなければいけない」
というというのも、
思考からなくそう。

 瞬間瞬間常々の、
自分のこころのうごき、
それに伴う
視線、しぐさ、体温、汗、
表情、声、言葉。

 すべて自分主体で
自由でいいのに、
囚われてしまうあれやこれや。

 どうにか「日常服」を
身に着けることで
自由に選んで
身に着けることで
解放されないものだろうか。

 服を着る、
という意味も
変わっていく、
この頃。

 肌に触れたい布を
どこにどれくらい身体に触れるか
というデザインで。

自由な動きを快適に

そんな日常服を
それぞれの存在を
解放する服を

オーダーで作っていきたいと、
思っています。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935