November 29, 2019

なにも起こっていない時にこそ、真実への準備をせよ

 先日のローマ教皇スピーチを聞いて、
改めて思う。

 災害も含めて、
人災、天災その他、
日々の人間の欲望が起こしてきた
数々の悲惨事。

惨事のすぐあとには、
いろいろな事を思ったり改めたり
するのだが、
すぐに思考は戻ってしまう。

それではいけない。
決して。

毎日の普通の続きが、
ある時、
「一線」を超えてしまい、

大きな後悔となる。
そして、
後悔では済まされなくなる時は、
近いかもしれない。

人生でひとつくらい、
自分の真実へ向かって、

それが周囲にも幸せになるように、

何も起こっていないと思う「今」も、
ずっと続ける必要がある。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935