December 13, 2019

誰にも似てない言葉を内側から

ある程度決まった作業、
をしていると
なんとなく力があまってしまって

余計なことが気になってしまったり
するので、ラジオをつける。
ラジオからの集中と
己の作業の集中との波長がちょうど、
逆向きに出会ったりすると

新しい感覚が生まれたりする。
作業中の予期せぬ喜びだ。

そんなときふと思う。

先生らしく
「わかってほしい」という
言葉よりも、
何かを追い求めている最中の
初々しい言葉の方が、

頼もしく我に響く。

そんな言葉を
たくさん持てる自分でいたい。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935