August 30, 2016 Categories:

195的重ね着のすすめ

重ね着はコーディネートの幅が広がるし、

その人の個性を輝かせる、いわば「おしゃれの腕の見せ所」

だけどこれが結構難しい。着ぶくれしてモッサリなんて経験はありませんか?

そこで今回は「195的重ね着のコツ」をご紹介します。

 

厳選したアイテムを色違い&サイズ違いで

実は私(195)、持ち物はそんなに多くないのだけれど、もっているものをよく観察してみると、

30代のある日、あることに気づきました。

「気に入ったら2~3枚、色違いや、サイズ違いで購入する」ということ。

①カーディガンの色違い(実は20年くらい着てる)

②Tシャツのサイズ違い(色も違う)

③バッグのサイズと色違い

実はこれら、日替わりに着るのではなく、「いっぺんに着る」のです。

カーディガンは、旅行セットには、必需品。

Tシャツは実は、ファストファッションのものなのですが、いつも2枚重ね。

バッグは、部屋にかけたり、置いてある時もサマになるのです。

 

 

「こんな風にスタイリングしたい」というイメージが自分の中から出てきている”ことが大切

肝心なのは「厳選して、気に入ったなら」ということ。

もっと言うと「まだ見ぬときから、具体的にこんなことがしたい」という欲求を持って、

生活をしているということ。

これは、「自分の中から出てきている」ということも大切です。

つまり、「雑誌でみた」とか「誰かと比べて」とかではなくて、

「こんな風にスタイリングしたい」というもともとが自分の中にあるということです。

そういった思いでアイテムを探したらなかなか出会えない、

だから出会えたときはセットで買うんです。

そうやって選んだ色違いやサイズ違いのセットなら、

「さりげなく持ってもサマになる」のです。これ、ほんとよ!!

Written by  Ikuko Suzuki