August 30, 2016

ボーダー柄

「とりあえずボーダー」から卒業すべし!

今回のテーマは「横縞模様=ボーダー柄」。

定番のボーダースタイルですが、「なんとなく、とりあえず」で選びがち…。

今年こそ”無難ボーダー”から”選んだオリジナルボーダー”へ変えてみませんか?

そこにはちょっとお勉強が必要ですね。

ボーダー柄の歴史

もとはといへば、海軍の制服。

水に濡れると、昔の紺地は身体に悪く、白地では身体が丸見え。

そこで船上服として考案された白と藍の縞々模様。

これが海の上では目立って便利でした。

そこから各国の船上や街中にも取り入れられるようになるのです。

fashion-04b

”横縞=ボーダー”にも個性を!

今では、横縞を着てベレー帽を被ってバゲットを持てばフレンチスタイル、

とりあえず横縞を着ていればナチュラル志向。…なんて、OH NO!

”横縞=ボーダー”だって、個性を活かす秘訣があるのです。

白地と色のバランスでいうと、白の多い控えめなものから、

色線の太い主張するものまで。地と線の間隔は均一なものが多いけれど、

グラデーション間隔のものもあるし、線の色だってマルチカラーのものもあるし。

195は「着る人の視線の強さに合わせると似合う」と思うのです。

つよい視線が印象的な女優ジャンヌ・モロー主演映画『突然炎のごとく〜JULES ET JIM〜』では、

男二人を連れた海辺のシーンが短いのにとても心に残ります。

三人はそれぞれ違うボーダースタイルで海へ…。

彼女のボーダーはくっきりと太く、視線の強さにぴったり。

 

今年は「とりあえずボーダー」から「選んだ横縞」でオリジナルを自分を演出しましょう。

 

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935