August 30, 2016

自分の中に核があるか

パリに住んでいた頃、

それまでの感覚とは決定的に違うと感じたことがある。

自分の存在についてだ。

日本(東京)では、

自分とは、社会の座標軸の中で感じていた、が、

パリでの、自分の存在理由は、

常に自分発信。

そんな感覚がるとは思ってもみなかったのに、

ある日、レ・アールを歩いていて、ふと思ったのである。

その時の感覚を、いまでも忘れない。

そして、今。

あの時の感覚を、再度実感する。

本当に、大きく変わる時だと思う。

信じられる自分を作る時だ。

自信とは、他人から与えられるものでもなく、

成功の先にあるでもない。

自分だけの価値感を、心底信じられて、

だからこその、自分人生のまっとう。

後悔のない人生。

そりゃ、後悔のあるセクシーな人生もいいけれど、

「自分の中のホンモノを信じられる感覚」に勝る喜びはない。

自分の中に、核があるか、だ。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935