August 30, 2016 Categories:

いい映画には理由がある Vol.3

『イタリア旅行』(1953 R・ロッセリーニ)

遅ればせながら、初めて観た。

男と女と一台の車とカメラがあれば映画ができるJ=R・ゴダールに言わしめた、ヌーヴェル・ヴァーグ の原石的傑作とされるフィルム』

という生意気な覚え方をしていた。

生意気な時代をとうに超えた今、初めて観てよかったと思う。

英国のお金持ち夫婦のイタリア旅行。

それでも、高級車とバーグマンの美貌以外は、人生の後半にもなれば理解できる、普通の会話。

なのに、「死と隣り合わせの生」のイタリアの日常、カタコンベにポンペイの遺跡。

1900年前の生きる夫婦の逃げるカタチ、マグマの今、と地震のある地球、高級車から覗く、街娼の印象。

人生は、はかないからこそ、愉しく生きる。

古代があるから今があり、影があるから光がある。の本当の意味を描いている。

「ポンペイ」はいま、東京で感じられるのかな?

行ってみようかしら。

それとも、伊ポンペイへ飛ぶ?

まだまだ、観てないいい映画、いっぱいだ!

Written by  Ikuko Suzuki