October 21, 2016

貴方は自分の中のホンモノで生きているのか

私のいまは、毎回たったひとり、多くても一日に三人、の未来について考える、ことしかできない。

毎日120人の学生の未来についてかかわっていた19年間。

その時に、それはその学園の首脳陣の想いへの仕事であっても、私にも芯なる想いがあった。

 

『あなたの未来には価値がある』

それも全てのあなた(学生)に。

 

学園の成績や出席に問題があったとしても。

それはいま、であって、

『あなたの未来には価値がある』

これは、私自身のいちばんの想い。イマデモ。

Text :  IkukoSuzuki

Illustration :  935