December 9, 2016 Categories:

巴里日記(クリスティーヌ Ⅳ)

=これは195が、巴里生活で遭遇した、7歳の女の子に教わったファッションの基礎のお話し=

 

さて、午前中をお絵かきとオリジナル文字づくり、(ややアダルトな内容の)ふりつけ数え歌、で過ごしたクリスティーヌは、「公園へ行きたい」と言い出した。少し前にお誕生日だったらしく、パパとママから自転車を買ってもらったのだという。

 

ママからは、外出してもいい、と言われていたので、(なんとメトロに乗ってふた駅先の大きな公園へ)ふたりで行くことになる。

 

喜んだクリスティーヌは着替えてくるから待っててね、と子供部屋へ行って、数分後。ワンピースからパンツスタイルに着替えてきた。自転車に乗りに行くのだから、それはわかる。ところが、私が感心したのは、パンツに着替えたのと一緒に、ヘアスタイル、ヘアゴムの色、ブレスレットまでも変えてきた、ことである。

 

もし、私の知っている日本のおしゃれな女の子、だったら、「自転車に乗るときも、大好きなこのスカートはきたい!」とかなんとか、言うのではないかと思うのに、(たぶん、自分はそうだった)

 

『自分で公園へ行きたいといったのだから、その時の服も自分で決める』のはすごいと思ったし、もっと驚いたのは、外へ出てからだ。

 

アパルトマンの階段を自転車持って降りるのも、メトロ改札を自転車担いで入るのも、『私の問題だから、Ikukoは手伝わなくていい』というのだ。

 

いままでのお話はこちらから↓

巴里日記(クリスティーヌ Ⅰ)
巴里日記(クリスティーヌ Ⅱ)
巴里日記(クリスティーヌ Ⅲ)

Written by  Ikuko Suzuki