「自分の中のホンモノ」をみつけるための、個人レッスン。
カリキュラムやスピード、目標の位置や捉え方、
生徒と195が一緒に確立していきます。
巴里学、色彩学、ファッション史、映画の楽しみ方、服作りなど、
気分から本気まで、すべての感情と時間が「本当の自分」になるためにつながっていくべきなのだ、
という195の本気がサポートします。

Menu

※上記のコースは一例です。この他にもご希望に合わせたコースをご用意いたします。お気軽にご相談ください。

鈴木 郁子Ikuko Suzuki

195modèle代表。195教室講師。
東京モード学園デザイン学部卒業。
東京モード学園卒業後、デザイナーとして株式会社東京スタイルに勤務。
1990年〜1992年に渡りパリ遊学。おもに映画、美術館、写真、ワインを楽しむ。
パリではファッションは生活の知恵、映画はアートと生活をつなぐものと知る。
帰国後は東京モード学園にて19年間に渡り講師を務める。

10日ほど195アトリエでドレスをつくりました。

忘れていることの多さに途方にくれ、涙が止まらない数日間もあったけれども自分の現在地を知ることが出来たので不思議な清々しさが、あった。 出来なくても辞めたくない気持ちより出来なくても仕方ない、と思える気持ちが必要だったと今なら思えます。

その時は、それが出来なくて辛かった。 「出来なくてもいいじゃん」と自分に対して思えることは、私にとって、大きな課題なのです。ずっと。 (人に対しては思えますよ。簡単に。)

この経験は今後に生かされるであろう。この機会に、「195school」とは何なのか、私なりに書いてみます。

一言で言えば「やりたいこと、やってみよう」です。
環境によって様々な「アタリマエ」があるけれど社会の中では抑圧する方向に向かうことが多いよう。 そーゆー世界に身を置いていると、本当の喜びとか、強い欲求とか、忘れてしまうのだ。 違和感を覚えても、相談する場所もない。

そんな時、そのモヤモヤを195にぶつけてみるのは、どうか。 置かれている世界の価値観に根拠はなく、なんとなく、そういうものだ、という思い込みなのだと、世界が広がるかもしれない。 出来ない、と思っていたことほどやってみると簡単なのかもしれない。

人間同士だから相性もあるでしょう。だからこそ、会って話してみた方が早い。 そこから、やってみたいことが見つかればレッスン受ければいいのだ。 自分の手でなにかを生み出す作業って私は、人類共通のよろこびだと思っている。 不器用とか、そんなこと関係なく。形のあるもの、ないもの、含めて。 やってみる、ってパワーはすごいのだ。その瞬間、未来は変わっているのだ。

Yoko

Flow of orders

お申し込みの流れ

  • まずは、お問い合わせフォームかお電話(082-533-6938)にてお問い合わせください。

  • メールorお電話にてご注文内容のヒアリングと、今後の流れについてご説明いたします。

  • 同意が得られましたら、初回レッスンに進みます。初回レッスン料:¥4,320(税込)/90分

  • 継続して学びたい方は、初回レッスン時に今後のカリキュラムをご相談させていただきます。