好きなものを集めたジャケット

 今日またひとつ、 生徒の“自分にしか作れない服”が完成しました。なんと本格的な作り方のテーラードジャケットです。

195modèleのレッスンは、回数も頻度も作りたい内容も全て生徒からの提案が元になります。 この生徒は(コロナでなければ)月一で、初めの頃は月3くらいでしたが、服作りに慣れてからは、 宿題もからめながらの月一ペースに落ち着いています。スタートさせてから6年半くらいになります。大学で少し習ったとはいうものの、服作りはほぼ初心者でした。

 ブラウス、帽子、スカート、パンツ、ワンピース、ジャンバースカート、と進んでいくうちに、 普通なら縫いづらい素材や、布に刺繍や膨らみなどの加工をしたり、付属品にも凝ったり、そうなると私からする提案の縫い方も挑戦的なものになったり。 本人も、好きな布やボタン、毛糸や糸など、 常に探す目を持って生きるようになって、 好きなものだらけで頭がいっぱいに なります。そんな気持ちやアイディアを出してくれるから、私も本気度のギアがあがります。

 考えてみると、 「何回でできますか?」などと結果にコミットするような思考は存在しません。 常に「自分の好き」を中心に置いて、私はそれが「変わった趣味」だけにならないように、「いろいろな想いが詰まっているけれど洗練さや高級感もある」ように、それも生徒本人の手で仕上がるように教えていきます。私が教えるというよりも、ふたりの熱量が導いてくれるというべきかもしれません。

 きちんとしたCode指定の時にも着ていけるジャケットが元の生徒の気持ちでしたが、 「私はこうです。」をひと目で表せるジャケットが完成。 たとえばこれを着てお見合いして、 振られたらそれが正解、なジャケットだねってふたりで笑いました。 素直な生徒に恵まれて嬉しい195レッスンです。

You may also like

関連アイテムはまだありません。