Vol.5 言葉

 どんどん言葉が軽くなっている。
全てにおいて、装飾が派手になっている。
その分、そのものの力が弱まっていく。
そろそろ「一流」の価値が危うい。
とうとうここまで、という気持ちと なってしまったのだから
仕方ない気持ちと。
なんとなく、チャンスのような気もしている。